口コミ評価で満足度No1!一番選ばれている街コン

03-6671-9633 受付時間 11:00 - 19:00

おしゃれで美人なあなたがモテない悲しい理由6つ

おしゃれで美人なあなたがモテない悲しい理由6つのサムネイル

「あなたって美人よね」「綺麗だから羨ましい」

そんなことを同性から言われることはよくあるけれど、なぜだか男性からモテることはさっぱり…。

ファッションにも気をつかい、美しくいることを心がけているはずなのに、どうしてそんなあなたがモテないのか?

気になる理由6つと、モテるようになるためのちょっとしたコツを紹介していきます。

ダメンズ好きで引かれている

美人な女性に多いのが、付き合う男性はいつもどこか欠点のある人ばかりだということ。

既婚者や女癖の悪い人、ちょっと暴れん坊な人など、ダメンズとばかり付き合っているあなたのことを、他の男性は引いてしまっています。

もしあなたとお付き合いすることになった場合、厄介な元カレがいるのはごめんだと思うからです。

心当たりがあるようなら、人を見る目を養い、自分の周りの人間関係をクリアにしていきましょう。

こういう部分は意外と男性に見られているものです。

彼氏がいると思われている

あなたの美しい容姿から、「他の男性も放っておくわけがない」と思われ、彼氏がいると誤解されていることもあります。

玉砕覚悟で挑んでくる男性も世の中にはいるでしょうが、たいていの人は諦めてしまいます。

気のある相手に「恋人はいるの?」と聞くのは勇気がいることです。

それとなく恋人がいないことをアピールしておくと、あなたに興味のある男性が近づきやすくなります。

また、なんとなく自分のほうからも距離を近づけていってみると、相手の男性も接しやすくなるでしょう。

高嶺の花だと、男性が気後れしている

もっとも多いパターンがこれに当てはまります。

「こんな美人が自分と釣り合うわけがない」と思っているのです。

草食系男子という言葉が流行ったくらいですから、近年男性の積極性のなさは加速しています。

ライバルが多くいるとも思われ、なかなかあなたにアプローチできません。

悲しいことに、美人過ぎて近寄りがたい雰囲気が、自分の知らないうちにできてしまっているのです。

そんな時は少し隙を見せるようにすると、男性も話しかけやすいでしょう。

例えば、何か困っていることがあったら男性を頼ってみたり、弱みを見せてみたりすると、高嶺の花だというイメージが払拭されます。

美人を通り越して男前すぎている

性格は人それぞれだと思いますが、多くの美人はそれを鼻にかけることなく堂々としていて、ゆえに男性の友人も多いです。

それなのになぜモテないのかと思うかもしれませんが、親しみやすい美人はイケメンにもなりうるのです。

潔い性格が、まるで男友達といるように錯覚させ、だんだんと恋愛対象から遠のいていってしまいます。

ときには女らしさをアピールし、異性として意識してもらうように気を付けましょう。

振る舞いや笑い方など、間違っても下品な行動はしないようにしてください。

細かな仕草ひとつひとつでも女性らしさは滲み出るものです。

そもそも相手の好意に気づいていない

あなた自身が、アプローチしてくれている男性に気付いていない、というパターンも考えられます。

その美しい容姿で幼いころからあらゆる人たちに親切にされ続け、大人に成長した今、自分に好意を寄せてくれている人に鈍感になっているのかもしれません。

美人ですとちやほやされることが多いかもしれませんが、その状態に甘んじていると、本当にあなたのことを大事にしたいと思ってくれている人を見つけられません。

アンテナを張り巡らせ、自分への好意に敏感になるよう努力しましょう。

受け身すぎている

あなた自身が恋愛に対して受け身すぎていることはないでしょうか?

「美人」というものは、様々なマイナスイメージがつきやすいです。

性格が悪い・高飛車である・金遣いが荒いなどの勝手な先入観が、あなたをモテから遠ざけています。

このような場合、まずはあいさつなど、自分からコミュニケーションをとることを増やしてみるといいでしょう。

他には、相手の変化に気付いたり、会話の最中に質問を投げかけてみたりするようにします。

相手の話を聞くだけだと、冷たいイメージがさらに加速するので、「私もあなたに興味があるよ」という姿勢を見せると男性も接しやすくなります。

今すぐできる、ちょっとしたモテテクニック

耳にしたことがある人もいるかもしれませんが、ミラーリング効果、あるいは同調効果と呼ばれる心理を用いた恋愛テクニックがあります。

相手と同じ動作をすることにより、親近感や好感度をあげるテクニックなのですが、これを男性との会話に利用するのです。

相手の仕草や表情、声のトーンやリズム、感情など、会話の内容に対しても同調するととても効果的です。

しかし、これは相手に気づかれてはいけません。

意図的に真似されていると思うと不快感を与えかねないからです。

不自然にならないようさりげなく相手の真似をして、自分に興味を持たせましょう。

ですが、あまりいろんな人にやり過ぎると、魔性の女となってしまいますので要注意です。