口コミ評価で満足度No1!一番選ばれている街コン

03-6380-2491 受付時間 11:00 - 19:00

結婚はお金がかかる!結婚前にためておくべき貯金額

結婚はお金がかかる!結婚前にためておくべき貯金額のサムネイル

大好きな彼との結婚生活。

新居への引っ越し費用や挙式代、さらには新婚旅行代など結婚とはお金がかかるものです。

無計画なまま一緒に暮らし始めると「お金がない…」なんてことになりかねません。

独身時代にコツコツと貯めておき、楽しい結婚生活を迎えましょう。

また、お互いの収入を明かし合うのは勇気のいることですよね。

結婚にあたり必要なそれぞれの金額と、彼とお金の話しをするために自然な話の運び方について詳しく説明していきます。

独身時代の平均貯金額

まずは結婚するにあたり、独身時代に貯めている金額の平均を見ていきましょう。

大学卒業から30歳までの女性を対象にした場合、半数以上の女性が50~150万の貯金があると答えています。

これは職種やボーナスの有無によっても差が出ますが、50万円ですと毎月1万円貯めておけばすぐに溜まる金額ですね。

引っ越しにかかる費用

彼と結婚生活をはじめるには、新居を探さなくてはなりません。

一般的にかかる新居費用は以下の通りです。

・引っ越し費用      9~15万円

・賃貸料         20~40万円

・家具や家電の購入費用  50~70万円

家具や家電に関しては互いの私物を持ち寄れば抑えることができます。

しかし荷物を運びこむ際の引っ越し業者にかかる費用や、新居を契約する際の初期費用など、最低でも40~50万はかかります。

そうしますとあっという間に独身時代の貯金は無くなってしまいます。

挙式にかかる費用

結婚後、すぐに挙式を上げる人もいればそうでない人もいますが、挙式・披露宴・披露パーティーを行う場合、300万円前後かかることが一般的です。

そのうち半分以上がご祝儀で返ってくることが多いですが、この場合自己負担額は100万円となっています。

招待客の人数や式の規模によっても前後しますので、金額の内訳は夫婦によって様々です。

挙式は親族のみで行い、披露宴だけ豪華に行うなど工夫をし、上手に工面している夫婦も増えてきています。

また、花嫁は挙式前にブライダルエステやネイルにお金をかける人も多いです。

エステは直前コースと数か月前から行う回数コースがあり、値段も1~10万円とピンキリになっています。

ネイルは施工方法により多少金額が変わることがありますが、2万円程度で済むことがほとんどで、エステほどではありません。

もちろん行うことが絶対ではありませんが、一生のうちに何度もない晴れ舞台ですから美しくいたいと思うのが女性ですよね。

新婚旅行代

挙式と順番が前後する場合もありますが、だいたい1人当たり30万円が平均で、夫婦2人ですと倍の60万円となります。

これは航空券やホテル代のみにかかる金額ですので、現地での食事代や観光代は含まれていません。

国内か海外によっても大きく金額が変わってきますし、宿泊数によってもまた違います。

しかしせっかくの新婚旅行なのですから、金額に悩まされることなく楽しく迎えたいものですよね。

忘れてはならないのがお世話になっている人たちへのお土産です。

新婚旅行に行くのであれば職場でお休みをもらうことにもなりますし、2人を祝福してくれているお礼としてぜひ用意しましょう。

お土産を買うことに時間を取られ過ぎないよう、事前にカタログで購入するのもおすすめです。

彼とお金の話をするには

上記の金額をまとめると、本来であれば2人合わせて300万円以上は用意しておきたいところです。

300万も貯められないという場合、挙式代は結婚してから貯める夫婦も多いので、まずは新居費用にプラスして3か月程度の生活費を準備しておくと安心できます。

彼とお金の話をするのはなかなか勇気のいることですが、夫婦となる2人にとっては大事なことですので、思い切って収入や貯金額について話し合いましょう。

とはいえ、いきなりストレートにお給料を聞くのは難しいと思いますので、デート感覚で式場見学に行き見積もりを出してもらうと自然な流れでお金の話をしやすいです。

出してもらった見積もりに応じて収入や互いの負担金額について話し合いましょう。

また、新郎側は婚約指輪・結婚指輪、結納代などを負担していますので、そのあたりの金額も含めて話し合うのがおすすめです。

他にも両家の援助がある夫婦もいると思いますので、2人だけの問題ではなくご両親の顔を立ててあげることも大事です。

さいごに

結婚とは幸せである反面、苦労も多くあります。

結婚するにあたり多額のお金がかかり、それについて幾度となく話し合いが必要です。

とくに挙式に関しては憧れを持つ女性も多いため、彼との価値観の違いにショックを受ける人もいるかもしれません。

そんなとき、たとえば着たいドレスが予算オーバーな場合など、どうしても譲れないのであれば自分の貯金から出すなどしましょう。

こう考えると独身時代に結婚資金を貯めておくことがどれだけ大事かわかりますね。

夫婦とは支え合う関係ですので、自分の貯金が少ないからといって彼に頼り切ることはしてはいけません。

以上を参考にして、彼との幸せな新婚生活に向け貯金していきましょう。