口コミ評価で満足度No1!一番選ばれている街コン

03-6380-2491 受付時間 11:00 - 19:00

旦那の収入…知ってる?夫婦の”別財布”のメリット・デメリット

旦那の収入…知ってる?夫婦の”別財布”のメリット・デメリットのサムネイル

家計は女性が管理するものと思われがちですが、実際は色々な夫婦の家計のあり方が存在しています。男性が家計を支える時代は古くなり、女性も家計を支える共働きが増えています。今回は、夫婦がそれぞれに自分の財布を管理する、夫婦別財布のメリットデメリットをお伝えしていきます!

夫婦で別財布のメリット

喧嘩にならない

同じ財布で生活をすると、片方がもう片方のお金を管理しているため、お金を預けているという意識があります。お金を預けている方は、自分のお金を自分の意志で管理することはできませんから、お小遣いの額などが自由にならない時に不満を覚えやすいです。また、お金を管理している方は、節約や貯金などのストレスを感じてしまうので、お金を預けている人が協力してくれないと、不満を感じやすくなります。しかし、別財布であれば、自分のお金は自分で管理しているので、全て自分の責任ですから、相手に不満を持ちにくくなります。

自由に使えるお金を作りやすい

別の財布で生活するということは、自分のお金は自分で管理するということです。相手にお金を預けているわけではないので、夫婦で分担した支出以外に余ったお金は、自分が自由に使うことができます。自分用の貯金にしても良し、娯楽に使っても良し、使い方は自由です。それ以上のお金は家計から出ることはありませんから、家計以上に浪費する事もありません。

夫婦で別財布のデメリット

節約や貯金がしにくい

家計に入るすべてのお金を一緒に管理できるわけではなく、別々に管理しているため、2人分の余剰をすべて貯金に回すといったような事は難しくなります。片方がすべてのお金を管理していれば、2人それぞれの自由なお金はお小遣い制にして節約することもできます。しかし、別財布の場合は、余ったお金すべてが自分の使える自由なお金です。ですから、その自由なお金を節約するかどうかは、本人次第となります。

相手の収入やお金の使い方を把握しにくい

毎月相手の収入を見るわけではないので、どれくらいのお金が入ってきているのか等、把握しにくいところがあります。また、どんなことにお金を使っているかもわからないため、お金の流れがわからず、無駄に使っているお金がわかりません。ですから、前にも上げたように節約や貯金がしにくいということにもなります。

まとめ・金銭感覚が異なる場合は夫婦別財布

夫婦別財布のメリット・デメリットをお伝えしていきました。別財布のメリットは、喧嘩になりにくく、自由に使えるお金を作りやすいという事です。お互いの金銭感覚が異なる場合は、別財布にして、家計を分担することで、残りの金はそれぞれの金銭感覚にゆだねることができます。そうすれば、金銭感覚が異なる場合でも、お互いに無理せず家計を回すことができます。別財布のデメリットは、相手のお金の流れがわからず、節約や貯金がしにくいということでした。お互いに納得できる場合は、片方がしっかり家計を管理してあげたほうが、うまくいく場合もあります。