口コミ評価で満足度No1!一番選ばれている街コン

03-6380-2491 受付時間 11:00 - 19:00 火曜定休(祝日は営業)

街コン後の対応が決め手!上手なラインの始め方

街コン後の対応が決め手!上手なラインの始め方のサムネイル

街コンで出会った異性とめでたく連絡先を交換。
「さっそく連絡したいけれど、最初はなんて送ったらいいのだろう?」「ありきたりなメッセージを送ってしまうのは嫌だな」と、悩んだ経験のある人はいませんか?

一番はじめに送るラインは大変重要で、ここで失敗をしてしまうと今後の関係に大きく影響するといっても過言ではありません。

ではいったいどのように送ればいいのか?
こちらでは男女別に成功例と失敗例を紹介していきます。

男性が女性に送る失敗例

1. スタンプのみを送る

仲の良い友人同士ではメッセージの入っているスタンプのみでやり取りが成立するほど、スタンプって便利ですよね。

しかし街コンで出会った女性に対していきなりスタンプのみ送ってしまっては呆れられてしまいます。
最悪の場合、そのまま既読無視されてもおかしくはありません。

複数の女性と連絡先を交換しているから、このような手軽なメッセージが送られていていると思われる可能性もありますので、スタンプはきちんとしたメッセージの後に使い、返信を考えるのが面倒だと思われないようにしましょう。

2. なれなれしいメッセージ

連絡先を交換できたからといって浮かれ、なれなれしく接してしまっては台無しです。

距離感をわきまえずプライベートにどんどん踏み込んでくるなれなれしいメッセージや言葉遣いは、女性にとって迷惑なだけでなく恐怖感を与えますし、出会ったばかりの人間に自分のことを教える気にはなりません。

適切な距離感で徐々に親交を深めていきましょう。

成功例

1. 自分と相手にしかわからない内容

街コン会場であなたと女性はどんな会話をしましたか?
大きい会場であればあるほど、互いに多くの異性と連絡先を交換していると考えられます。

「ラインが来たけど誰だっけ?」と思われないためにも、ふたりにしかわからないような会話の内容を混ぜたラインを送ると良いでしょう。

複数の女性と同じような会話をしたときや忘れてしまいそうなときは、どこかにメモを取るのがおすすめです。

2. 簡潔なメッセージと適切な敬語

あらためて挨拶と自己紹介はすると前提して、最初のラインは長文過ぎてもいけません。
これはスタンプのみのお手軽メッセージと同様、返信を考えるのが面倒だと思われてしまうからです。

また、なれなれしいと不快感を与えるとお話ししましたが、敬語で堅苦しすぎてもいけません。
謙虚さも必要ですが卑下し過ぎず、砕けるところは砕けた言葉遣いで親しみやすいメッセージを意識しましょう。

女性が男性に送る失敗例

1. 社交辞令のような言い回し

また会いたいと思っていても、あまりがっついていると思われたくない女性も多いのではないでしょうか。

しかし「今日はありがとうございました」「また飲みに行きましょう」などの誰にでも使えるメッセージは、内容が薄すぎて男性の印象に残りませんし「自分が本命ではないのかな?」と思われることも考えられます。

2. 伝えたいことがわからない日記のような内容

男性は女性と違い、過程よりも結論を知りたがる生き物です。
だらだらと長いメッセージで結局何が言いたいのかわからないと、返信する気力が無くなります。

精神年齢が低いと感じられたり、かまってちゃんだと思われたりしますので、無駄がないメッセージかよく確認して、日記のようなメッセージにならないためには文末を疑問形にすると良いでしょう。

あまり長いメッセージになりすぎないように気をつけることも大切です。

成功例

1. 好意を伝えるメッセージ

社交辞令のような言い回しは避けるようにお話ししましたが、男性からお誘いが欲しいなら「誘っても大丈夫ですよ」という気持ちを示してあげましょう。
草食系男子のような、なかなか積極的になりきれない人には玉砕覚悟で突っ込む勇気がありません。

断られない確信を持たせてあげると関係が発展しやすくなりますので、男性から誘ってほしいと思う女性は好意を伝えてあげるとお誘いが貰いやすくなります。

2. 適度な質問

質問攻めは恐怖心を与え、返信に疲れを感じさせますが、適度な質問は「自分に興味を持ってくれているんだな」と思ってもらえて、大変好感度の上がるメッセージです。

とくに男性と趣味の話をしたのであれば、それについてあらためて質問すると良いでしょう。
次に会う口実に繋がることも考えられますので、挨拶とお礼のメッセージの後に「そういえば趣味の〇○って~」などと話をふると、返信が来やすいラインになります。

まとめ

男女ともに共通するのが長文になり過ぎないことです。
挨拶や自己紹介、お礼は前提として、相手に伝えたい思いを簡潔にまとめましょう。

ラインのように直接顔を合わせないで会話ができるものだと気軽にできる反面、相手との距離感が疎かになりがちです。
「自分がメッセージをもらう側だったら?」と、逆の立場を想像しながら考えると、相手にとっても好印象なメッセージができあがるでしょう。